読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分で聞いてください

口ベタによる一生懸命

英語では理解できない、「上を向いて歩こう」の歌詞の意味

「日本人は抽象的な表現ばかりだ」と、ネガティブな意味で指摘する声をこの頃よく聞く。欧米人のようにストレートに自分の意見を言ったり、直接的な表現をするべきであり、その方が「クール」なんて風潮から言われているのだろう。そんな話を聞く度、日本語の使い方にさえもグローバル化が求められているのかと、少しウンザリした気持ちになる。

 
なぜなら、日本語独特の抽象的な表現を、私が大好きだからだ。曖昧な言葉に裏打ちされた本音だとか、その人の背景だとか、文章ひとつとってもそれ自体に奥行きがある。と言っても具体性に欠けて分りにくいかもしれない。なので、日本語における抽象表現の味わい深さについて、坂本九さんの「上を向いて歩こう」の歌詞と、それを英訳してリリースされた「SUKIYAKI」とを比較しながら説明しよう。まずは原曲を思い返してみてほしい。

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す春の日
一人ぼっちの夜

にじんだ星を数えて
思い出す夏の日
一人ぼっちの夜

一方英語版は以下の通り。ご存知ない方も多いかもしれない。
 
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue.
You went away, now my life is just a rainy day.
And I love you so, how much you'll never know.
You've gone away and left me lonely.
 
(私が淋しくて哀しい気持ちなのは 全て貴方のせい
貴方がいなくなってから 私の人生はまるで雨の日のよう
こんなに私が貴方を愛しているというのを 貴方はきっと分からないでしょう
貴方は行ってしまったし 私に寂しい思いをさせている)
 
ご覧になっていただければお分かりになると思うが、SUKIYAKIは、上を向いて歩こうを英語で歌い上げるために作られた曲であるにもかかわらず、原曲と歌詞の意味が全く異なる。具体的な表現のおかげで、切ない恋の歌や亡くなった人を思う歌に受け取れる。これには驚かずにはいられない。
 
原曲では誰が誰のために、何故どんな思いでいるのか明確に記していない。自分のための曲かもしれないし、誰かのための曲かもしれない。歌い手の胸中は、哀しみなのかもしれないし、もしかしたら喜びを噛み締めているのかもしれない。その表現の曖昧さがこの歌に広がりを持たせている。これに何とも言えない良さを感じ、日本語話者と共感し合えるのが、日本語の味わい深さと言えるだろう。
 
 
しかしどうして、英語版はこんな「超訳」をされてしまったのだろうか。私が予想するに、英語と日本語の言語構造の違いのせいだろう。例えば、英語を話す時には、1つのセンテンスの中に主語や動作の目的、その回数や頻度を規定、ないしは限定するワードを使わなければならない。そうしないと意味が通じないためだ。
だが、日本語は違う。主語がなくても動作の目的がなくてもいい。しかも、聞き手が言葉を補完しながら話を受け取ってくれる。
 
それゆえ、おそらく英語で上を向いて歩こうを直訳した時に「誰が?」「何故泣いているの?」「どうして春を思い起こしているの?」などとたくさんの疑問が英語話者である翻訳者の頭に浮かんでしまったのだろう。英語話者は語られない言葉を補いながら、話の内容を理解するのに慣れていないのだから仕方がない。翻訳者に分からないのならば、一般の欧米人に分かるはずもない。だから、超訳するしかなかったのだろうと考える。
ただ、超訳された結果、SUKIYAKIは全米ビルボードチャートで1位を獲得したというのだから、なんとも言えない気持ちになる。
 
 
冒頭でも伝えたが、私は日本語独特の抽象的な表現が好きだ。好きだというより、なくてはならない。とても恥ずかしがり屋であるがゆえ、誰かに対して「好きです」だとか、そういった口に出せない言葉が私には多いのだが、どうしてもそれを伝えなければならない時には、いつも抽象表現に頼らせてもらっている。日本語様様である。だから失われてしまっては困るのだ。
 
ちなみに私が「好きだ」と伝えたい時には、「昔話を聞かせてください」とでも言うと思う。SUKIYAKIよりもこちらの方が超訳かもしれないな(笑)。