読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話半分で聞いてください

口ベタによる一生懸命

英語だけでは、深く考えられない

言語学習が中途半端だと、物事を考える能力の発達に影響を及ぼすと言われることがある。

日本語を生まれた時から日常的に聞いて話し、読んで書き、ずっと学校で国語表現を学んだ人を「100%日本語を学習した人(ネイティブ)」とすると、日本語で思想や哲学をしたり、文学的な表現までは行かずとも、誰かに分かりやすく日本語で物事や気持ちを伝える際の支障が少なくなる、という話だ。

語彙の数のほか、日本語を利用した経験が多いため、簡単な日本語も、複雑な日本語も、あるいは現代語や古語さえも、学習の密度と伸び代の差にもよるが、状況に合わせてスイッチして使うことができる。

けれども、50%しか日本語を学んでいないと、あるところを境に表現できない世界が生まれてしまう。例えば「ご飯が美味しい」と思っても、どう美味しいのか、どうして美味しいと思ったのか、以前食べたアレにどう似ているだとか、伝えたくても言葉が思い浮かばなくなってしまう。

言葉が思い浮かばないというよりは、そういう言語表現をしたり聞いたりした経験が殆どないがゆえ、そんな考えすら、頭のなかに浮かばない可能性もある。

勿論、学校教育で50%しか習うことができなかったからといって、必ずしも日本語を上手く使えないというわけではない。 小学校までは日本で育ったが、それ以降は米国の現地学校へ行ってしまったため、日本語と英語を半分ずつしか学校では勉強しきれていない方でも、個人学習で補完し語学力を伸ばすことができた、なんてケースもあると聞く。

私はというと、日本語はネイティブで、割と得意な方だと思う。けれども英語は、仕事用の英語が多少分かる程度で、日常会話はほとんどできないという超アンバランスな状態だ。

ここ1、2年仕事で英語を日常的に使っているのだが、話題や会話にパターンがあるので、それ以外の話の表現の仕方や語彙を知る機会がない。 それに、普段は日本語で生活してるので、英語話者と普通の会話をする際には支障が出てしまう。留学経験もなければ、元々英語が苦手だったせいもある。

この語学レベルのせいで例えばどんなふうに困るかというと、以前こんなことがあった。普段はアメリカにいる仕事のパートナーが日本へ来ていたので、食事へ行き、いろんな話をする中で、好きな映画の話になった。たまたまイーサン・ホーク主演の「Before Sunrise」という同じ作品を気に入っていることが判明し「おー!」と盛り上がったのだが、私はその先なんと言えばいいか分からなくなってしまった。

日本語でなら「前作に続くストーリーという設定、物語の登場人物も演じる俳優も同様に歳をとっているという点が好き」「別の国同士の人間が、言葉を通じて恋に落ちていき、気持ちを確かめ合う感じがたまらない」なんて語り出したら止まらないはずなのだが、口を噤んでしまった。

何の言葉も頭に浮かばなかったのだ。英語を話す時、英語で物事を考えながら英語を使うようにしているのだが、これまで上記のようなことを思い浮かべたり、言葉を読んだり聞いたりした経験がなかったため、すごく困った。

だから「会話やセリフが良い」「センチメンタルな気分になる」「サウンドトラックも挿入歌のCDも買った」といった抽象的で簡単な表現に終始してしまい、すごく悔しい思いになった。

日本語では深い考えが浮かぶのに、英語では全くそういう行為ができない。彼も私の焦れったい気持ちを理解してくれた。「美波はいつもたくさん考えているはずだから、分かるよ。また会った時に話そう」と。

けれども、次の日にはアメリカに帰ってしまう彼と、日本語でするような濃厚な会話ができなかったのが、とにかく苦しかった。

それから私は、深く考えたことを英語の文章で具体的に書く練習をすることにした。いつかまた彼に会った時私の考えをきちんと伝えることもできるし、自分のためにもなるからだ。

何ヶ月か経ち、やっと英語でエッセイをひとつ書けたので、第1作目をその彼に「良ければ」とシェアしたところ、嬉しい言葉を返してくれた。

I hope you continue to write - in English - and share your thoughts, so I can keep up with you!

英語で深く考え、それを伝えられた経験を経て初めて、言語の壁を越えて、心を通わせる喜びを知った。