話半分で聞いてください

口ベタによる一生懸命

母と私のお花見弁当

お花見弁当で私が必ず作るものいえば「お稲荷さん」。
いなり寿司というと、関東は俵型で具なしの酢飯、関西は三角形で五目ご飯入りと、東西で特徴が分かれるそうですが、東京生まれの私が作るのは、ひじきの混ぜご飯を詰めた俵型のお稲荷さん。


美味しいひじきご飯のお稲荷さんを作るポイントは、手を抜かずにひじきの煮物を作ること。
ひじきはたっぷりの水で長時間戻してふっくらさせなきゃいけないし、ちゃんと茹でこぼし、その後しっかり炒めて磯臭さを取り除かなきゃいけない。これを怠ると、固くて嫌な匂いのひじきになってしまいます。
そしたら、鶏ひき肉、人参、こんにゃく、れんこん、戻した干し椎茸を入れて炒め、椎茸の戻し汁とかつおだし、醤油、味醂三温糖ちょろっと。味付けはあえて濃くしたりせず、2日目の味のしみた物をお稲荷さんに使います。炊きたてご飯に混ぜて、冷ましておく。

油揚げは、カットして切り口を丁寧に広げたら、さっと茹でて油抜き。くどさが抜けるし、後で含ませる出汁の香りが生きます。かつおだしと昆布だしの間の子で醤油とお砂糖で煮付ければ完成。中に詰めるご飯が甘いので、あんまり甘く味付けしすぎないように注意。お揚げが冷めたら、軽く煮汁を絞ってご飯を入れて、形を整えたら完成。付け合せに紅生姜を忘れずに添えて。

ひと口かじれば、お揚げに染みた甘辛い出汁がじゅっと滲み出、ほっこり美味しいひじきご飯が口いっぱいに。れんこんシャキシャキ、紅生姜シャクシャク、食感楽しく、箸が進む。それにしても、今の私なら多少おしゃれなパーティー料理だって作れるはずなのに、なんで地味なお稲荷さんを毎回花見のために作っているのでしょう。しかも、中身はただの酢飯だって良いのに、あえてこんな面倒な作業をこなしてまで――。


悩んでいるうち瞼の裏に浮かんだのは、母と一緒に行った最初で最後のお花見の時のお弁当。大好物のひじきご飯のお稲荷さんをたくさん食べました。幼い頃の私は白いご飯が苦手で、おにぎりはもちろん、白飯の入ったいなり寿司も食べられない。そんな私のためのスペシャルメニューがひじきご飯のお稲荷さん。お花見の時期になると、私はその原体験を無意識に思い出し、いつもいなり寿司を作っているのかもしれません。

ひじきの煮物を混ぜれば白いご飯は食べられるけれど、私は鼻がよく効くので磯臭さの残るひじきは嫌い。それと、味の染みていないひじきも苦手。だから母はしっかり下処理、下ごしらえをしてくれていたのでしょう。こんな面倒な作業をこなしてまで――。

今週のお題「お花見」