話半分で聞いてください

口ベタによる一生懸命

苦手なボディタッチの例外

体に触られるのが苦手だ。軽く触れられるだけで強い違和感を感じる。

もともと慣れていないのもあるが、触覚が人より敏感なのだ。例えば、マッサージで肩や背中を揉まれると、全身に鳥肌が立ちくすぐったくて仕方なくなる。

残念なことに過去の経験から、警戒しているのもある。相手は単に親睦のためにボディタッチをやっているのかもしれないが、肩に手を置かれるだけで、あからさまにびっくりしてしまう。

けれども美容院は別だ。業務の一環として触れられてるから心理的負担がないのもあるかもしれないが、本当に心地がよい。一定のちょうどよい刺激があるし、両手で頭を触られる時には不思議な快感がある。

まつ毛エクステも同様だ。どんなに顔を撫でられても大丈夫だし、むしろ額に他人の手の重みがあることに安心してしまう。施術中に知らない間に眠っていて、優しい声で起こされるのはある種の喜びがある。

だから、定期的に通える。少なくとも4,5年は同じ店に行っていると思う。

たぶん、どちらも目を瞑って身を任せられる信頼関係に裏打ちされた安堵があるから、体に触れられても気持ちいい、と感じられるのかもしれない。あなたに私の髪や手を撫でられるのが、不思議と心地良いように。