話半分で聞いてください

口ベタによる一生懸命

髪を染めない、流行を追いかけない

髪。黒髪に変えてしばらく経った。カラーが抜けて明るくなると下品に見えるのが嫌で、思い切ったのは遥か昔。まずは地毛に近い黒色で染め、その後色が抜けてきたら部分的に補修するように美容院で染色している。染める周期は2ヶ月に一度から、倍以上になった。髪はツヤツヤ、サラサラで、髪色や手触りに悩む日が無くなった。

服。買いはするが、欲張ったり、冒険はしない。ZARAのベーシックラインを着続けている。手長ザルのような私の体型に合うので気に入っている。購入後は、手洗いとほつれの手直しをしながら大事に着る。最近はこれしか着ない。ニットやスキニーデニムなど、体にフィットしたシンプルな服。体型管理にさえ気をつけていれば、好きなシルエットの自分しか鏡に映らない。

黒髪にする前は、美容師に眼光鋭い私の顔と175cmの高身長では「威圧感が出るのでやめておけ」と望んでも諭され叶わなかった。「ピンク色を入れて女性らしさを出しましょう。」「緑を入れて話しやすいカジュアルな雰囲気にしましょう。」 毎日代わり映えのない服を着ていると、「もっとこういう服着たらいいのに」「損しているよ、もったいない」とアドバイスいただくことも多かった。真っ青なワンピース、赤いジャケット。女性らしいボディライン。生地やデザインに拘ったブランドの服。

(言うとおりにしていれば、貴方や皆にもっと気に入られるの?)

無理して見た目を繕ったその先には、他人からの空虚な肯定しかない。しかも、自分で納得した外ヅラでないから「これでいいのか?」と不安がいつもついて回る。心の飢餓感に苦しめられた。

30歳になった時、ふと周りの意見がどうでもよくなった。他人の意見のままに自分の見た目を変えようと努力するのがバカバカしくなった。 化粧っ気もついでになくなった。しっかり化粧をしないと女性として見られない、社会人失格と聞いていたけれど。痒さや手間を我慢して顔に手を施す理由が分からなくなった。薄化粧になっても、真摯に向き合えば仕事はちゃんと手に入れることができた。

ブスなんだから、他人の目を意識し外見に拘って生きるべきだと思っていたのに。声をかけてバッチいと嫌がられるほど見た目に優れない人間に、自己肯定感など一生生まれないと思っていたのに。いつしか私の中にこれでいっか、と言う気持ちが訪れた。

自己肯定感には、他人に認められて生まれる感覚と、自分をありのままに受け入れる考え方と2つあるという。前者にすがらず、後者を身につけた時、重かった肩の荷が降りた。